ヒゲ面!釣り(だけ??)日記♪

釣りを楽しみましょう♪

大阪港

2013.1.26(土)大阪港:エビ撒き釣り
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、テレビで天気予報を見ていると、気象予報士の方が ・・・

『 明日は、お出かけするのがイヤになる寒さになるでしょう ~ ♪ 』

なんて、言ってました (≧Σ≦)ププー

それでも、ボクは行く気満々です ^^;

でも、夜になると風が ビュ~ビュ~ 吹き出した ^^;

この音を聞くと、さすがに釣りに行こうかどうか考えます ^^

とりあえず、目覚ましを5時にセットして就寝  (-_-)zzz

そして、自力で目覚めたのが4時半 (* ̄m ̄) プッ

トイレに行くと、さほど風を感じない ・・・



                              ん ?



天気予報が外れたか ?  ヾ(∇・〃)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!

服を着替え、歯を磨き ・・・

念のために、腰に2枚 ポケットに2枚 靴下にカイロを貼って出発 ・・・





                              ん ?




メチャメチャ風吹いとるがな  (ノ\/)ノ~┻━┻

う~ん ・・・

どうしよ ???

などと、2秒ほど悩んでガレージへ ・・・

この寒さで、ようやく一昨年に買った 防寒着 の出番がありそうですな ^^;


てなわけで ・・・

あまり早く行っても仕方がないので、下道を使ってゆっくりとエサ屋さんへ ・・・

大阪南港に行こうと思ってたのですが、西よりの風なのでパス ・・・

鳴尾の貯木場に行こうと思ったのですが、たぶん風裏ポイントには人が多そうなのでパス ・・・

そこで、とりあえず大阪港へ ・・・

現場に着くと、先客の方が一人 ・・・

この寒い中、ようやるなぁ~ なんて、思ってたら にし兄さん でした ^^;

ちょうど1投目の仕掛けを入れたとこでした ^^

軽くご挨拶をして、釣り座へ ・・・

風は、さぼど気にならない ・・・

もちろん、寒さも感じない ^^;


とりあえず、撒き餌をして仕掛けの準備 ・・・

7時ごろ、タナを底ギリギリにセットして仕掛けを投入 ・・・

潮は、少し速い ・・・

この潮が、どんどん速くなる il|li _| ̄|● il|li

ベストシーズンの活性の高い時期なら、
      この潮の速さででも ハネ がガツガツとあたるのですが ・・・

どうも、今の時期だとこの速さでエビを追いかけるのかどうか ・・・

※ あくまで想像です (≧Σ≦)ププー

そのイヤな予想が大当たり il|li _| ̄|● il|li

つか ・・・

今の時期は、そんなに釣れるもんじゃないよね ^^;

そんな中、 にし兄さん が竿を曲げはりました \(◎o◎)/!

お~ ・・・

食い気のあるのが居るんや  O(≧∇≦)O

気合いをほどほどに入れて、仕掛けを打ち返す ・・・

が ・・・

どうも、潮の速さが気になって釣れる気がしない ・・・

何事もなく、8時を回り少し潮が緩んだ瞬間 ・・・





ええアタリだわ O(≧∇≦)O



と、目が覚めるような基本的なアタリ ・・・

延べ10時間振りのアタリです (≧Σ≦)ププー


いつもより、タイミングを遅らせて合わせ ・・・

これが、運良く針掛かり ♪♪

最初で最後の1匹かもしれないので、慎重に慎重にヤリトリ ・・・

 キビレ やと思っているのに、首を振る感触が無い ・・・

ゆっくりと浮かせにかかり、姿を見せたのは予想外の ハネ でした ^^






8:16
8:16 50㌢あるなし ^^;

延べ10時間振りのお魚です (≧Σ≦)ププー

コレで、いつでも帰れるわ !   なぁ~んて思いながらも欲深く2匹目を狙います ♪

が ・・・

そんなにすぐに釣れるわけもないですよね ^^;

んで ・・・・

風向きが変わり、少し寒くなってきた ((( ;゜Д゜))ガクガク

潮任せで、あっちこっちに仕掛けを流していると ・・・

またもや ・・






ええアタリだわ O(≧∇≦)O


とキレイにウキが消し込んだ O(≧∇≦)O

ガツン! と合わせると、さっきよりいい手応えが ・・・


ゆっくりとゆっくりとヤリトリを楽しんで、フィニッシュ ♪






9:28
9:28 60㌢あるなし ^^;

まさかまさかの2匹目 ^^


その後は、アタリなく10時過ぎに終了 ~ ・・・

寒い中、竿を出したかいがありました ^^



明日も、どこかでエビを撒いちゃいます (*^^)v



スポンサーサイト

コメント

良い曳きでしたね♪

お疲れさまでした。(^^)/

良型を2匹♪
かなり良く曳いていましたね!
うらやましかったです。(^^ゞ

今日はいろいろと教えていただきまして
ありがとうございました。m(__)m

また釣場でお会いした際には
よろしくお願いします。

ではでは(^^)/

まいど(^^)/

にし兄さん、こんちは(^^)/
お疲れ様でした♪
いやぁ~ ・・・
何よりも、お互いボーズにならなくて良かったですね ^^
>かなり良く曳いていましたね!
はい、サイズ以上のパワーはありました ^^
本音を言えば、もう少し大きいと思ってたんです (  ̄ノ∇ ̄)コッソリ
>また釣場でお会いした際には
>よろしくお願いします。
はい、こちらこそヨロシクお願いしますね (^^)/

さっぶいですね~

ここんとこ寒さと天気と足の痛いのに負けて、釣行に出れてません。
足の痛みは、以前お話した「ヤマガブランクス」の竿にまで遡ります。
インターネットで見付けポチった私は、宅配業者の来る日時に家に居ました。
ところが!運の悪い事に、嫁も居たんです。
ピンポ~ンの音を合図に、嫁より早く玄関に出ねばなりません。
イザ決戦の時、ピンポンの音を聞くやいなや、部屋を飛び出しました。
慌てていたんでしょう・・・内開きの扉が完全に開ききってないうちに出ようとしたものだから、胸を扉にぶつけ、上半身が押し戻される感じに。
だけど下半身は、始動したまま。
左足の軌道がブレて、扉枠に小指を引っ掛けました。
「ポキ!」って音が聞こえ、激痛が左足から脳天に突き抜けましたが、足を引摺りながらも玄関へ。
ササッとサインをし、竿を抱えて自分の部屋へ戻りました。
梱包を開く事なく、足を抑えながら、のたうち回る事しばし・・・。
その痛みが、今になってもジワジワ効いています(涙)
なのに!
今日も今日とて、竿のカタログを見ています。
投げ竿で並継。
ダイワのキャスティズムか、シマノのサーフリーダーか・・・。
はたまた、一寸ケチってランドサーフか。
ヒゲ面さんなら、どちらを選びます?
レングスは405~425、硬さはシマノでいうDX位がイイかなと。

まいど(^^)/

パンダランさん、こんちは(^^)/
>ここんとこ寒さと天気と足の痛いのに負けて、釣行に出れてません。
その後、足の具合はいかがなんでしょうか?
ボクも、以前は腰痛持ち(椎間板ヘルニア)で、寒さや雨の日には、かなりツラい目にあいましたが、
ここ何年かは、その痛みもすっかり息をひそめております ^^;
ただ、いつ痛みが出るかヒヤヒヤしてるんです ^^;
>ダイワのキャスティズムか、シマノのサーフリーダーか・・・。
>はたまた、一寸ケチってランドサーフか。
>ヒゲ面さんなら、どちらを選びます?
>レングスは405~425、硬さはシマノでいうDX位がイイかなと。
10年ぐらい前なら、ボクも投げ釣りをしてましたんで、少しは知識がありましたが、
最近は、すっかり行かなくなり、物欲も無くなってるんです ^^;
当時は、とにかく長い竿が好きで、4.5mの投げ竿を振り回しておりました ^^;
真鯛狙いの時は、ヤリトリ重視で、硬い竿を使い、キス・カレイ狙いの時は、
食いこみ重視で、柔らかい竿を使っていました ^^;
今、持っているのはダイワの一番安い投げ竿です ^^;
並継って、まだあるんですね ^^;
ボクが小学生の時は、並継の竿を使ってました ^^
振出しは、どうも頼りなくて、折れそうな気が ・・・
でも、電車で行くときは振出が便利だったことを覚えてます ^^
今年は、日本海でキス釣りをしようと思ってます ^^
2~3回は、投げ釣りネタが出ると思います ♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://higezura.blog102.fc2.com/tb.php/1302-e2fab4ce

 | HOME | 

文字サイズの変更

最近の記事

お友達 & 釣り道具♪

このブログをリンクに追加する

ヒゲ面!のプロフィール♪

ヒゲ面の営業マン!

Author:ヒゲ面の営業マン!
どうでもエエ話の掲示板

最低限のルールとマナーを守って、釣りを楽しんでくださいね♪
キレイな釣り場で気持ちよく竿を出すためにも、ゴミは持ち帰って処分してくださいね♪

釣り方別だよ~ん♪

最近のコメント

FC2カウンター

過去の日記も見て♪見て♪ (*^^)v

去年の釣果を参考にしてみたら?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:ハネ道一直線

■ ブログ名:ぴよぴよ釣り倶楽部

QRコード

QR

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2Ad

Template by たけやん